学校でプログラミングを学べるようになる!?

ITプログラミングとはプログラミング言語を使い、必要な処理を行うための指示をコンピューターに与えることであり、用いるプラグラミング言語はコンピューター上で使われているので、プログラミングの能力を身につければ、様々なところで活躍できるようになりますし、プログラマなどになればIT系の企業に就職することもできます。
最近では割と簡易的な言語仕様を用いることが多く、小規模なプログラムを簡単に記述することができるものが増えており「スクリプト言語」と呼ばれています。
一般的に使われているプログラミング言語は20~30ほどで、構築やソフトの開発など様々な種類があり、それぞれで覚えるべきプログラミング言語は異なりますが、いずれもきちんとマスターすれば、とても力になるスキルだと言えます。パソコンなどのソフトはもちろん、最近とても普及してきたスマートフォンや携帯などのアプリゲームなどの開発など、かなり需要があるため、仕事がなくなるといった不測の事態を招くこともないと思います。
ではどういったところでこのプログラミングというものを学べるのかというと、プログラミングの教室や、スクールがあり、WEB系のプログラマや、ITプログラミングやJavaプログラミングなど、いろんな種類のプログラミングを学ぶことができます。最近では子供用のプログラミングスクールなどもあり、デザイン能力の向上や、子供たちの情報力を高めることを目的としていて、ものづくりの楽しさも学びながら、人とのつながりなども強めていくという学習方法です。
平成23年度から、小学生(5.6年生)は英語が必修科目になりました。もしかしたら、次はプログラミング言語かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*