アルバイト中の教育制度

IT企業では相変わらず人材不足で困っているようです。
やはり採用して即戦力になるような人材を求めているので、転職組でも経験が少なかったりスキルが不足していると判断すると採用が厳しいようです。
転職や就職をする際に事前にある程度の資格やスキルを持っていないと再就職や転職が難しいのかもしれません。

そんな中でも何社かは初心者からJavaエンジニアといて教育して、自社で正社員として採用するといった企業もあります。
数社あるようですので、企業自体に体力があったり余裕があるのだろうと思います。
しかし全くの初心者を本当にJavaエンジニアにまで教育をすることが出来るのでしょうか。
内情を聞いてみると、教育期間はアルバイト契約になるようです。アルバイトですから給与は支給されますが、さほど期待は出来ない金額だと思っておく方が良いでしょう。
教育期間は最長で3か月ぐらいのところが一般的なようです。
この教育期間中にコンピュータやアルゴリズムといったことから、言語の勉強をしていくようです。

もちろん無料の教育ですから定期的に試験があり、理解できているかどうかの確認があるようです。
試験の成績が悪いと教育を打ち切ることもあるようです。
最終段階まで行くことが出来れば正社員として採用されるようです。
企業側にしてはこの教育期間中に理解力やJavaエンジニアとして活用できるかどうかだけでなく、人柄も見ているような気がします。
数人でチームを作って何かを制作しなくてはいけない時、コミュニケーション能力の高さも必要になってきます。
その点についても企業側はチェックする期間なのかもしれません。
それからJavaエンジニアとは何か聞きにくいとのことでしたが、聞いてしまってかまわないと思いますよ。はっきりいってその言葉自体があいまいですし。「具体的にどのような仕事ですか?」「夜あまり遅くまで出来ませんが大丈夫ですか」などの質問はすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*